忍者ブログ

このブログは、PBW初心者のPBW行動記録です。詳しくは、このブログについてをお読みください。

2017 . 12
|
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    前回の郵便屋さんの続き。
    手紙を届けた人に頼まれて、別のところに届けに行くという。
    事情がさっぱりわからないので、これ受けてすっきりしようと思ったのだけど。

    シュシュ、これ、発狂モノです。
    みんなとなじんでからだったら良かったけど、まだ日が浅いから
    シュシュのイメージがブレちゃったかもしれないなぁと反省しきり。

    じー。

    白い物体は、案内された場所にいた馬を見上げていた。
    目はきらきらしている。

    「馬だ、うまー! かっこいい!」
    そう言って、とことこ接近するとぴったりくっついて、いきなりよじ登ろうとした。

    ふるふると体を振るわれて、ぽてん、と墜落したが。
    「かわいいな~」
    満足げである。


    「きれいだなー」
    長時間の地図とのにらめっこを一時中断して、湖を見る。
    きょろきょろとしているが、目に入るのは湖の鮮やかな青。魚も跳ねている。

    「(みず)うーみーはひろいーな♪」
    今まで歌えなかった鬱憤を晴らしているようだ。

    再び歩き出す。
    「うーん、近いはずなんだけどー」
    地図を読むのに自信はある。しかし、それっぽいものが見当たらない。
    「行くのが難しいっていうから、なにか仕掛けでもあるのカナ?」
    わくわく。
    「水場に家ってあんまり建てないよね? なにが待っているのか楽しみだよー」
    前向きである。


    「墓石のところに生えている木が、モンスターなんてユルセナイ!」
    珍しくやる気のリルビットは、ずんどこ棒を手に木に突撃をかました。
    そのため蔦に襲われたが、結界に守られる。
    「ありがとう!でもごめん、ボクは突撃をやめないよ!」
    尻尾をくねらせ、小さな体はユニコーンをすりぬけエンティアの元へ。

    「バカ! バカ! バカ!」
    10年前、そしてずっと昔にあったことを思い出してずんどこ棒を振るう。
    それはただの八つ当たり、というのかもしれない。


    全てが終わってから、手紙の届け先を確認する。
    「……」
    しょんぼりと尻尾が垂れた。
    日付は10年前。なにかの因果を感じた様子。

    テーナの読み上げた手紙を聞きながら、小さな箱の音色を聞く。
    尻尾は下がったままだが曲にあわせてゆらゆら揺れた。

    拍手

    PR

    Post your Comment
    Name
    Title
    E-mail
    URL
    Comment
    Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    Script:Ninja Blog 
    Design by:タイムカプセル
    忍者ブログ [PR]