忍者ブログ

このブログは、PBW初心者のPBW行動記録です。詳しくは、このブログについてをお読みください。

2017 . 12
|
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    私のテンションが低く、シュシュも全力を出せませんでした。
    そういえばスキル発動してないな。宣言をしなくてはいけなくなった?

    すでに浦島太郎状態のようです。

    「ふわー…ねむーい」
    あくびをしながら戦闘用の鈍器を手にする。
    「ボクの眠りを妨げたこと、後悔するがいい!」
    寝起きとは思えない、普段のスピードで山賊を返り討ちにかかった。


    「ふかふかベッド~」
    ベッドの感触を楽しみながら、村人の心遣いに感謝する。
    そのまま眠りに落ちるのに、さほど時間はかからなかった。

    ――ゴブゴブ…

    「ん…」
    目が覚めて、目をこすりながら音の正体を考えて、一瞬で敵襲と気がつく。
    「みんな起きて! ゴブゴブが出たよ!」
    慌てているのかわざとなのか。

    外に出れば、ゴブリンだらけ。
    「うわー、なにこの数。
    センサイなボクの鼻が曲がってしまいそうだよ。
    さぁさぁ!ボクが参るのとキミタチが参るの、どっちかなぁ?」
    言葉は通じるのか不明だが、そう言って鈍器を構えた。


    すっててて、と鈍器を手に持ち、ゴブリンたちの中へ突っ込んでいくシュラー。

    「ずんどこ・アターック!」
    くるくるーとゴブリンをなぎ払う。
    しかし大きなダメージは与えられないので追い掛け回され、
    キャーキャー言っている。

    仲間たちが村の大多数のゴブリンを片付けてくれたのだが、村の中心部に向かえば、
    大きなゴブリンが村人を追いかけている。

    「こらこらー! そんなことしていると、ボクのずんどこ棒がキミタチを殴るよ!」


    一回り大きなゴブリンの元へたどり着くと、
    「やーいやーい、普通の人しか狙えないのかよー
    ボクが相手だよ~」
    ひらひらと手を振ってハイゴブリンを挑発してみる。

    奴らが村人達から離れたので、内心ホッとした次の瞬間、攻撃を受けた。
    (早いッ!)
    体勢が悪かったので割と簡単に転倒させられる。
    「あたたた…」
    そこにきたのがシャースのハリセンチョップ(勝手に名付けた)。
    「エェッ、なになに~?」
    見た目とは裏腹に、ダメージが軽くなった感じがする。
    ぴょこんと立ち上がると、興味深そうにシャースをじーーーっと見ていたが、
    戦闘中だったことを思い出し、すっててて、とまた走って行ったとか。

    拍手

    PR

    Post your Comment
    Name
    Title
    E-mail
    URL
    Comment
    Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    Script:Ninja Blog 
    Design by:タイムカプセル
    忍者ブログ [PR]