忍者ブログ

このブログは、PBW初心者のPBW行動記録です。詳しくは、このブログについてをお読みください。

2017 . 11
|
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    ちょっとヒヤヒヤすることもありますが、第2クールが始まろうとしています。

    初冒険はデスマニアになりました。依頼が受理されればですけど。
    デスマニアって5文字で長いんで、愛称を考えようと思ったんですが、
    デスもマニアもいい言葉ではないんで、しょーがないんでツカサにしました。
    なにを隠そう彼女の本名です。
    まだまだ未熟者ですが、みなさんよろしくお願いします。

    ところで、この世界の通貨、ガネスは1ガネス=1万円だと初めて知りました。
    1クリックしていただくだけで5万円手に入るのか!すごいな冒険者。
    1クール終了のクエストで、百ガネス単位でばら撒いている人々がいましたが、
    NPCが大騒ぎした理由がやっとわかりました。

    …ところでGMさん自重してください。(高級酒を開けた件で)
    や、面白いから歓迎ですよ?


    デスマニアはうずうずしていた。
    せっかく冒険者として名乗りをあげたのだから、冒険がしたい。
    いや、目的は冒険中に見かけるかもしれない毒草の採集なのだが。

    依頼の紙を目にすると、ふぅ、と息をついた。
    「競争率高そうよね~」
    しかしくじけてもいられない。
    さくっとパーティ募集のチラシを作らせてもらうと、掲示板にバンっと貼った。

    『物資輸送の依頼を受けたいと思っているの。
    どなたか入ってもらえるかしら。

    募集枠
    前衛:1名
    探索:1名
    他2名はフリー』

    「ま、ライバルに先を越されたら、そのときはそのときよね。
    お父様。デスマニアは立派なコレクターになってみせます」
    空を仰いで誓うと、酒場の椅子に戻っていった。


    席で野菜ジュースを楽しんでいると、ウェイターをがんばっている男性が声をかけてきた。
    (あら…?特に私、追加注文していないわよね)
    そう思ったが、どうやら目的は違うようだ。

    「あら前衛を務めるってことは、戦士さん?…もしかしてドワーフさん?
    助かるわー、さ、書いた書いた」
    満面の笑みを浮かべてパーティシートを差し出す。

    「ふふ…まずは助っ人一人目……」
    書いてもらっている間に、にんまりと笑う毒草マニアであった。


    「…ウルクさん?」
    名乗り出てくれた人物を見て、依頼主はやや不思議そうな顔をした。
    ウルクは感情が乏しいと聞いていたからだ。
    まるで植物のようだとよく例えられる。そう、専門の植物の…いや、その話は関係ないからやめよう。

    「もちろん、大歓迎。
    剣を使うの? 頼りにしているわー
    回復は任せてもらっても大丈夫大丈夫」
    にっこり。やっぱり満面の笑みを浮かべた。
    回復する事態にはならないだろうと高をくくっているのだが。

    (これで二人目…)
    シートに承認サインを入れながら、ニヤケ顔である。


    ちょっと伊達眼鏡に気を取られて顔を見つめてしまったが、
    「はじめまして」
    丁寧に挨拶をもらったので、立ち上がってひらりと礼をする。
    緑の髪がさらさらと顔のほうに下がってきたので、それを慌てて後ろにやる。

    「盗賊さん? 探索のプロね。ありがとう!
    さっそくサインお願いしたいわ」
    言いながらパーティシートを両手で差し出してにこにこ。

    (三人目…あとひとり!)
    胸は期待でいっぱいである。


    「ええ、私ですけれど…
    え。ええっ!」
    同行しても良いかと言われ、驚きを隠せず声を上げてしまう。
    (魔法は頼りになる。でも、剣って…大丈夫なのかしら)
    さすがに口には出せなかったが、顔には若干不安の色が出たかもしれない。

    「ええっと…あ、貴方がよろしければ、サインをお願いしますね」
    慣れない敬語に詰まりながら、パーティシートを差し出す。


    「……。これで四人。あとはマスター(は眠いとか言ってたわね)…
    …でいいのかしら、とにかく、提出するだけ。行ってきます」
    スタスタとカウンターへ向かっていった。


    「西方…まだそれほど手が入っていない地域ね。これは草も多そうだわ♪
    神殿からの依頼だから、神官のわたしが募集してもおかしくないし、ねぇ?」

    と、腹に一物置きながら、パーティメンバーを募集したデスマニア。

    「はい、これ、パーティシート。よろしくね」
    トラクタス氏にひょいと手渡した。


    ---------------
    酒が入る前と入った後の文章のクセが違う…
    一人称も統一されてない…
    反省点多し、がんばりましょう。

    とりあえず一人称は私(わたくし)がいいかな。
    あの父親からわたくしはでない気もするが。

    拍手

    PR

    Post your Comment
    Name
    Title
    E-mail
    URL
    Comment
    Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    Script:Ninja Blog 
    Design by:タイムカプセル
    忍者ブログ [PR]