忍者ブログ

このブログは、PBW初心者のPBW行動記録です。詳しくは、このブログについてをお読みください。

2017 . 10
|
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    「シュラーさん」
    テレスに話しかけられて、シュラーは人懐っこい笑顔を浮かべてこちらを見た。
    「シュラーさんはいつもそうですね。わたしには笑顔しか見せてくださらない。
    戦場で泣いていたという話、聞きました」
    指摘されると、ぷうと頬をふくらませる彼。
    「誰に聞いたのさー。大体予想はつくけど」
    テレスは口だけ笑って、首を振り、明確にはしなかった。

    「これからどうするんです?」
    しばらくして、空を見上げながら、二人は話し込んでいた。
    「ボクはね…しばらく、お墓に通うつもりなんだ。
    レラスくんはもちろん、ボクの不注意で助けられなかった人がいっぱいいる」
    するとテレスはシュラーを変なものでも見るかのように見た。
    視線に耐えられず、シュラーは問う。
    「なに?」
    「昔の偉人の言葉を借りますけど。
    自惚れるな、ひとりの力でなんとかなるものではない。ですよ」
    ぱちくりとする相手に、テレスはお構い無しにたちあがる。
    「でもいいです。
    シュラーさんがお墓参りに明け暮れるなら、飛翔亭もお任せしちゃいます。
    そろそろわたしも戦わなくてはいけないって思っていましたから」
    びっくり宣言をすると、テレスは心から微笑んで見せた。

    「テレスは強いね」
    「いえ。わたしはたくさんのひとを守れなかったから。それだけです」

    「そっか、もう行くんだね。
    いいお仲間が見つかるといいネ~
    あーでも、他の探索の人がみんなと一緒にいると思うとやっぱり寂しいのさー」

    シュラーはぴょこぴょことしっぽを振って言った。
    普段がおかしいくらいテンションが高いので、まだ本調子ではないのだろうが、
    知らない人が見れば、普通に元気そうに見える、そんな様子だ。

    「え? 魔法の指輪?」
    ノワールに突然振られた話題。
    それがなんのことだかシュラーにはわからなかった。
    魔力がないリルビットには不要なものだと思っているから。――それをどうして。
    疑問に思いながら、ノワールの差し出した紙を手に取った。

    そこに書かれているのは、質屋の書類だと判断するのに充分な言葉と、
    質に入れた品が指輪だということだけ。

    まだ頭から?マークが取れなかったが、次の言葉を聞いて、
    全身の血が凍ったような気がした。

    レラスティがはめていた、赤い石の指輪。
    それをよろしく頼む、そういう意味だと理解した。
    「…わかったヨ。必ず」

    彼が亡くなったとき、手をつかんで泣き叫んだ姿を仲間に見られた以上、
    わざとおちゃらける必要はもう無いとシュラーは思う。
    だから真剣な顔をして頷いた。それから言葉を続ける。

    「もし…もし、一緒にまた旅をすることがあったら、レラスティくんも含めて
    みんなで旅ができるってことだもんネ。
    旅の無事を祈ってるよ。また会おうね、約束だよ」

    そういって、白い小さな手を差し出した。

    拍手

    PR

    Post your Comment
    Name
    Title
    E-mail
    URL
    Comment
    Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    Script:Ninja Blog 
    Design by:タイムカプセル
    忍者ブログ [PR]