忍者ブログ

このブログは、PBW初心者のPBW行動記録です。詳しくは、このブログについてをお読みください。

2017 . 09
|
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    最終作戦のログとまとめておこうと思ったのですが、
    最終作戦前で大量になっていたので別枠に。

    このシュラーはみんなが思っている通りののんびり屋さん。

    でも、そろそろ地が出るぞ地が。



    (最終作戦・受注)

    依頼から戻ってくれば、なんとなく落ち着かない雰囲気が酒場に漂っていた。

    「落ち着かない…」
    そんなときはさっさと樽の元へ。
    樽とカウンターとの狭い空間が安らぎの場。そこでうーんと手足を伸ばす。

    他の仲間たちが集まって、なにか話している。
    その視線をたどってみれば、依頼の板のようだ。
    「今度はなにをやるのかな?」
    しばらくくつろいでから、たまり場にとことこ歩く。
    しばらく主のいなかった樽の隙間には砂埃が溜まっていたのか、
    白いはずのしっぽを黒っぽく汚していた。

    「帝国がまたなにかやるの?」
    10年前の事件には参加していなかったものの、
    そこで大事な恩人をひとり失っているので、あまり思い出したくはない。
    「妖魔かー」
    人と妖魔が仲良くするぶんには一向に構わないのだが、
    それで誰かを攻撃しようというのなら話は別。
    「なんでこんなことばっかりするんだろ。理解できないヨ」
    征服欲が0の白い物体には全くわからない世界であった。

    「ウン。行くよ~」
    結論はあっさりと。いつものように気楽なのだった。


    (最終作戦時のスキル)

    「ドラゴンー、ドラゴンに乗るんだね!
    すごいや、18人も乗れるなんて!」
    白いのは喜んでいる。しかも風竜だなんて。

    「えっと、共同作戦なんだ。
    難しいことはわかんないけどー、被らないようにしないといけないんだね。
    でもま、提案だけはしておくよ。

    オブストラクションⅡ(スロット2/ベーシック)
    ファストムーブⅡ(スロット2/ベーシック)
    バイタルアタックⅠ(スロット1/ビギナー)←レベルが上がった場合

    あとはちょちょいと調整すればいいよね」

    にこにこと笑ってホットミルクをいただいている。


    (最終作戦下準備会議にて)

    シュラーはにこにこしていた。
    手には甘いカフェオレ(もらいもの)のカップをしっかり持って、
    みなの話に耳をかたむけて“は”いる。
    しかし頭に入っているかは謎である。

    「巨人族さんには1回助けてもらったネ」
    そのことは覚えている。
    でも、それ以上に戦ったことが多いので、説得できるのかわからない。
    というか、白リルビに交渉能力なんてないので、
    ボクには関係ないことさ~♪なのである。

    「わかんないことを、推測だけでやるのは危険だよ?
    ボクは走って逃げたり、捕まっても脱出できるから自分の身は守れるけどサ。
    敵にエルフがいるのは確かだけど、みんながみんな敵なわけでもないし」
    種族でひとくくりに考えるのはヨクナイ。

    「まー、ボクはみんなの作戦を信じるよ。だっておもしろそうだもの。
    だから置いてけぼりだけはやめてネ♪」
    そういってカフェオレを飲み、ふわーんと口をあけた。


    (最終作戦前、ドラゴンに乗り、買出しと巨人探しをしている)

    ドラゴンに乗れるとわかったときから、落ち着きの無いシュラー。
    実際に乗ったときは はしゃいできゃあきゃあ言っていた。
    落ちないように心配され、体を支えてもらっているが、
    その厚意に気がついているのかいないのか怪しいところである。

    仲間たちが買い出しに出ている間も、ぺたぺたとドラゴンの背中を
    触っていたほどだ。

    巨人族の山に近づくにつれ、自分が探すという役目だということにやっと
    気がついたのか、それともようやく満足したのか、おとなしくなっていた。

    ドラゴンが旋回している間に注意深く巨人を探す。
    しかし
    「ンー。ボクの調子が悪いのか、本当にいないのかわかんないけど、
    見つからないねえ」
    ふう、とちょっと残念そうに息をつく。

    戻るという結論に達すると、ぱっと表情を明るくして、わしわしと
    ドラゴンの首付近に移動してしがみついた。
    「いけーいけー!」
    また迷惑をかけている。


    (作戦前夜・晴天祈願)

    シャースがてるてる坊主を作っている。
    それを見ていた白い物体は、なぜかカバンの中から布と綿と糸を取り出した。
    しかも大量に。
    なぜ持っているのかと聞いても聞かなかったフリをして、
    せっせと手を動かしている。

    「よーし、いっぱいできたぞー」
    ぷらぷらと、20個ほどシャースのてるてるの隣にぶら下げた。

    拍手

    PR

    Post your Comment
    Name
    Title
    E-mail
    URL
    Comment
    Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    Script:Ninja Blog 
    Design by:タイムカプセル
    忍者ブログ [PR]