忍者ブログ

このブログは、PBW初心者のPBW行動記録です。詳しくは、このブログについてをお読みください。

2017 . 10
|
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    淡々と迫ってくる相手を剣で軽くいなしながら(叩き潰すとも言う)
    エリアスは戦闘の喜びで恍惚としていた。

    「エリー」
    グヌタスは土術で援護をし、自分の周りの相手は槌で追い払いながら相棒を呼んだ。
    しかし彼には聞こえていないようだ。
    「この程度の腕で俺と戦うというのか、他愛ない。しかし容赦はせん」
    などと言いながら、相手を叩いている。手加減も何もあったものではない。
    「エリー!!」
    大声で呼ばれてやっと聞こえたのだろう、エリアスはぽかんとグヌタスのほうを
    向いた。
    「ぽかんとするな、戦いながら話を聞け。それくらい練習しただろうが」
    エリアスがすぐさま戦いに意識を戻せば、隙ありとばかりに飛び掛る警備兵たちの
    姿が映った。さっと体をひねって避けると大剣で足元をつついて転倒させる。

    「…で」
    短くグヌタスに問う。
    「このままでいいと思うか。確かにここでやりあうのは余裕だが、
    もともとの目標は相手の旗を奪うこと。
    ここで足止めをするのも役割だと思っていたが、
    この調子では足止めさせられているのはこっちだ」
    他の仲間とやらを信用していないわけではないがな、と付け加える。
    「余力があるのに、ここで足止めさせられているのは得策ではないと思わないか」
    グヌタスの提案に、エリアスは苦心した。
    なにもなく考えれば結果はすぐ出るのだが、いかんせん戦闘しながら
    考えるなどという器用な真似は彼には難しい。
    まわりの敵を減らしてから考えよう、最初はそう思い攻撃ペースを上げたが、
    相手は数倍もいる。
    よって、かなりの時間をかけてしまったが、結論は出た。
    「行こう。敵の本陣へ」

    [方針]
    2、単身突破を試みる(危険性は高くなります)

    拍手

    PR

    Post your Comment
    Name
    Title
    E-mail
    URL
    Comment
    Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    Script:Ninja Blog 
    Design by:タイムカプセル
    忍者ブログ [PR]