忍者ブログ

このブログは、PBW初心者のPBW行動記録です。詳しくは、このブログについてをお読みください。

2017 . 11
|
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    15回目はエンシエントゴーレムでした。
    これで二度と遭遇しないなら、根暗ロールしてもよかったけど
    まだわかりませんからねぇ。

    16回目は初めての依頼、マミーロード。
    シュシュは相変わらずナメているのでした。

    「わぁオ。展覧会みたいー!」
    罠をいじりながら感嘆の声をあげる。

    「昔からある罠の全てが結集している、みたいなー。
    やっぱり大切な場所なんだろうね、数はいっぱいあるよ。
    ただ、目新しいものは無いかなぁ。
    よし、これでおしまい。先に進めるよ」
    そう言って、罠をはずし終えた宣言をするやいなや、
    先頭を頂戴するとスキップしながら進むのであった。
    埃が舞って迷惑だと思われる。

    そうこうしているうちに、一行は突き当たりに到着した。
    棺が並んでいるのでただの安置所のようだが、
    シュラーはわくわくしながらあちこち見てまわった。
    「…なんとなく絵文字だから書いてあることがわかるよー。
    太陽とかカミサマとかが集中的に書いてあるところがあるんだ。
    怪しいよネ~。みんな、仕掛けがないか探すの手伝ってくれる?」

    みなで協力したおかげで、わりとあっさりと隠し扉を見つけたとき、
    棺からミイラが飛び出した。
    「出たー!」
    シュラーはいつものようにさっさと逃げる体勢になったが、ぴたりと動きを止めた。
    しっぽがぴくぴく動く。
    「あそこをああしたらどうなるんだろう?」
    そして、ミイラたちのところへトトトと駆けていくと、包帯を引っ張った。
    朽ちかけている包帯だが、少々外れてくるくるとミイラは回転する。
    「うはははは!おもしろ~!」
    そしてご機嫌に包帯をひっぱりまくるのだった。

    拍手

    PR

    Post your Comment
    Name
    Title
    E-mail
    URL
    Comment
    Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    Script:Ninja Blog 
    Design by:タイムカプセル
    忍者ブログ [PR]